Personal trainig for life root.

体の引き締め・不調改善、フィットネスビギナーのための
パーソナルトレーニングジム

  • 平日9:00〜21:00
  • 土日9:00〜18:00
  • 休業日火・祝日

Personal trainig for life root.

ブログ

BLOG

2022.07.17
#身体づくり
#食について

朝、食欲が少ない人の対処法はこちら!

先日root.のお店の前で
しゃがみ込んで動けない女子大生が…

 

 

どうやら
アルバイト終わりの自転車での帰り道に
熱中症で動けなくなったようでした。

 

 

ありがたいことに、
その時来られていた会員様が車を出して
女の子を自宅まで送り届けてくれました。
※愛希トレーナーは女の子の自転車に乗って自宅へ同行

 

 

その際、愛希トレーナーが
「今日、朝ごはん食べた?」
聞いたそうなんです。

 

 

すると
「食べてません」
とのこと。

 

 

朝食はカラダの調子を整える上で
とても大切な役割を果たします。

 

 

熱中症を予防する上でも
超大切なものなんです。

 

 

でも、夏場の時期は特に
「朝は食欲が無くて食べられないんです」
と言われる方が多いのも事実。
ダイエットや体調でお悩みの方は本当に多い!

 

 

今回のコラムは、そんな
朝食を食べることができない方に向けての
対処法をお伝えしたいと思います。

 

 


朝、食欲がないのはどうして?


 

 

まずは、朝、食欲がなくなってしまう
原因を知っておきましょう。

 

 

その原因はズバリ、
寝ているときの【低血糖】です。

 

 

実は血糖値が下がりすぎてしまうと
自律神経の関係で胃腸の働きが抑制され
食欲が低下してきます。

 

 

通常、食事(糖質)を摂ると血糖値は上昇し、
その後、徐々に下降していきますが
それが行きすぎてしまう場合があります。

 

 

本来は血糖値が下がりすぎる前に、
カラダのシステムが働いて正常な血糖値を
キープしてくれるはずなのに、

 

 

代謝機能が低下している人は
このシステムがうまく働かずに
血糖値が維持できない…

 

 

それが低血糖と言われるものです。

 

 

その低血糖が夜寝ている時に起きることを
【夜間低血糖】と言います。
↓↓

 

夜は睡眠によって食事を摂らない時間が
長くできることになるので
低血糖症状が出やすい時間なんです。

 

 

朝起きた時に
『疲れが取れていない!💦』
とか、
むしろ逆により疲れている!

 

 

『腰や肩首がガチガチに固くなっている💦』
『歯軋りがひどい💦』
など、そんな経験はありませんか?

 

 

その場合は夜間低血糖が
起きている可能性が高いと言えます。

 


夜間低血糖を予防するには?


 

 

夜間低血糖を予防するには
いくつかポイントがあります。

 

 

①日中の血糖値を安定させること


 

 

日中の血糖値が乱高下してしまうと
その乱高下は夜寝ているときにまで
悪影響を及ぼします。

 

 

それを防ぐために、
日中取り組んで欲しいことは
以下3つのことです。

 

 

  1. 欠食をしない(3食主食を摂る)
  2. 食物繊維を毎食充分に摂る
  3. 精製糖質を控え、未精製穀物を摂る

 

 

食事と食事の間が空きすぎてしまうと
その間で血糖値が低下していくことになるので
まずは1日3食にして、毎回主食(糖質)を
摂ることを心がけましょう。
糖質を抜いたりしないように!

 

 

また、食物繊維を多く摂ることで
血糖値の乱高下を抑えることができます。

 

 

そのためサラダなどの野菜は
毎食たっぷり摂りましょうね。

 

 

また、
ジュースなどの精製された糖質は
血糖値の乱高下に繋がります。

 

 

ジュースやお菓子などを減らすと同時に
食事において玄米や雑穀米などの
精製度の低い穀物を摂ることで
さらに血糖値は安定してくれます。

 


玄米とかね!

 

 

これらを踏まえると
結局は前回のコラムでもお伝えした
①1日3食②主食・主菜・副菜③和食
このあたりがベースとなるんですよね^^

 

 

②寝る前に補食を摂ること


 

 

寝る前に消化に負担のかからないような
補食を摂ることで、過剰に長い空腹時間を避け
低血糖を予防することができます。

 

 

オススメはハチミツです。

 

 

ハチミツに含まれる糖質は、
消化の必要のない糖質の1つです。

 

 

そのため、
胃腸が弱い人でもスムーズに吸収できる上に
血糖値を上げすぎずに低血糖を予防してくれる
という超優れものなんです。

 

 

寝る前に大きめのスプーン1杯分を
舐める、もしくはハチミツレモンなどの
ドリンクにして飲んでみて下さい。

 

 

ちなみにroot.では
アップルサイダービネガー&ハニーという
ハチミツ入りのドリンクを販売しております。

 

 

ご興味ある方はスタッフまでお声がけ下さい^^
めちゃくちゃ美味しい!!

 

アップルサイダービネガー&ハニー


朝、食べられない人の朝食は?


 

 

朝食を食べた方が良いと分かっていても
食欲がなく胃腸がうまく働いていないのなら
無理に食べる必要はありません。

 

 

そんな時は以下のことに
取り組んでみて下さい。

 

 

MCTオイル入りプロテインを飲む


 

 

MCTオイルは中鎖脂肪酸といって
スムーズにエネルギーになってくれるという
超優秀なアブラです。

 

 

食欲のない朝のエネルギー源として
超うってつけのアイテムです💪

 

 

さらにMCTオイルは

  • 血糖値の安定
  • 肥満予防

 

などの効果に加えて

 

  • 抗炎症
  • 抗アレルギー
  • 抗糖化

 

といった、美容に関する健康効果も
認められています。
飲まなきゃ損ですよ!!

 

 

そのMCTオイルを
お好きなプロテインに入れることで
手軽にエネルギー源とタンパク質源の
摂取ができます。

そして最近では、
血糖値の安定に特化したプロテイン
というものもできています!

Recover

超絶オススメです😊
こちらも是非お試ししてみて下さい^^

 

 

主食・主菜・副菜を少量ずつ


 

 

次の段階としては、ちょっとでいいので
主食・主菜・副菜を揃えてみることです。

 

 

例えば…

 

 

卵かけごはん×具沢山みそ汁

 

 

この組み合わせだけでも

 

  • 主食(ご飯)
  • 主菜(たまご)
  • 副菜(味噌汁の具)

を達成することができるので、
ここから始めてみてもオッケーです😊

 

 

これに慣れてきたら、生野菜サラダを加えたり
納豆やお魚などを加えたりしましょう!
かなり良い朝ごはんになってきますね^^

 

 

昼食&夜食を充実させることに全集中


MCT入りプロテインも、卵かけご飯も
それすら食べられないよ…
という方は

 

 

いっそのこと
朝の食事を頑張るのは一旦置いといて
お昼と夜ご飯の内容に全集中する!
のもアリです。

 

 

主食、主菜、副菜(できれば2品)を
昼と夜にしっかり揃えるだけでも
血糖値が安定して寝起きが変わってくるでしょう✨

 

 


まとめ


 

 

低血糖状態になってしまうと
筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。

 

 

するとせっかく運動や筋トレをしても
筋肉がなかなかつきません(泣)

 

 

そういった意味でも
過度な低血糖を予防するということは
ボディメイクにとってはとても大切なこと。
もちろん不調改善にはもっと重要!

 

 

ということで
日々の食事と運動をうまく組み合わせて
体調を整えていきましょうね!