BLOG

◯◯を意識して正月太りを撃退せよ!

広島・廿日市のパーソナルトレーニングジムroot.代表の藤田竜也です。

明けましておめでとう御座います㊗️

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

さてさて、皆さんは2024年をどんな1年にするのか既にイメージはできていますか?✨その理想の1年を叶える決意はできていますか?✨是非その理想の1つに「カラダ作り」に関することが含まれているとトレーナーの私たちからすると嬉しい限りです♪

カラダ作りという観点で言えば新年早々、早速「苦難」が待ち構えているかと思います。。。そう、年末年始の食べ過ぎ飲み過ぎ問題…いわゆる『正月太り』です。笑

僕も例外ではなく、両家の実家に行くとやはりたらふくご飯を頂くわけです(笑)もしかすると数キロ体重が増えた!という方もいらっしゃるかもしれません。ここで間違ってもしてはいけないことは、無理に断食したり糖質制限をしたりして体重を元に戻そうとすること…これ、最悪です(涙)

体脂肪が1kg増えるには7,000kcal以上もプラスでカロリーを摂る必要があります。例えば白米で言えばお茶碗1杯で235kcalなので、脂肪1kg増量するためには30杯以上も余分に食べる必要があります。みなさん、さすがにそんなに食べてないですよね?(笑)つまり2,3日食べ過ぎたくらいで脂肪はそんなに増えないのです!

また糖質の摂り過ぎで体脂肪が増えてしまうと思っている方は今だに多いですが、肝臓で糖質から脂肪に合成されるのは、多くても1日10gまでという報告もあります。つまり年末年始の体重増加は体脂肪が増えたわけではないということです。では、この体重増加はなんなのか?というと「水分」です。

水分が増える理由としてはいくつかあります。1つは糖質の摂取量が増えることで一緒に体内に取り込まれる水分量も多くなってしまうこと。もう1つは塩分をたくさん摂ることで体内での塩分濃度を調整するために水分が余計取り込まれることです。

ではこれらの水分量増加に対応するには糖質を減らせば良いんだ!となるかもしれませんがこれはオススメはしません。糖質摂取量を極端に制限することでエネルギー代謝が低下するので逆に痩せにくい身体になるからです。

なので、基本的には普段の食事へと戻すだけで宜しいです。(※普段の食事が整っているかどうかは別問題ですが笑)

そのため、糖質量は必要以上に減らさずに、お茶碗1杯程度は毎食食べて下さい。そして、あえて正月太りの対応策をあげるとするならば味付けを薄めにすることです。

先程お伝えしたように塩分摂取量が増えれば水分を余計に取り込もうとします。

そうするともちろん体重は増えますし、むくみやすくもなります。

薄味にすることで基本的には塩分を控えることができるので余計な水分の取り込みを防ぐことができるのです。

特に、普段から浮腫みが気になるという方は薄味な食事を意識してみて下さい!!薄味にすると食事が物足りなく感じてしまうという方は、血糖値が乱れていたり、食事をしっかり味わうことができていなかったりしている可能性があります。

味の『濃さ』ではなく食材が本来持つ『旨み』を感じることができれば、薄めの味付けでも充分に満足感を感じられます😊

もしあなたが濃い味付けのごはんをがっついて食べているのなら旨みは感じられていません!

そんな方は

・見た目

・香り

・食感

・喉越し

このような味以外の部分にも目を向けて食事をしてみて下さい。

テレビをつけて「ながら食べ」なんてしちゃダメですよ!実際にテレビを見ながら食事することで肥満になりやすいという研究報告もあるそうです😇

https://fytte.jp/news/diet/114665/

是非今年は味の濃い料理にガッツクのではなく素材の味の分かる大人になれるようチャレンジしてみて下さいね^ ^そして、運動もお忘れなく👍

今日はここまで!では。

関連記事

  1. 隠れ肥満
PAGE TOP