BLOG

脳が目覚めるたった1つの習慣

有酸素運動がもたらす脳への効果

広島・廿日市の

パーソナルトレーナーの

藤田竜也です。

 

 

 

今日は「脳が目覚めるたった1つの習慣」

という本をご紹介します。

 

脳が目覚めるたった1つの習慣

 

運動はただ体を変える

ツールとなるだけでなく、

脳の働きも変えてくれます。

 

 

 

そのことが科学的根拠を

もとに書かれている本です。

 

 

 

結論から言うと、

たった10分の有酸素運動が

めちゃくちゃ脳に効く!

ということ。

 

 

 

有酸素運動が脳に与える影響は

以下のものが挙げられます。

 

  • 脳の栄養素とも言える「BDNF」という物質を出し、海馬を大きくしてくれる
  • 認知症を引き起こす物質を壊す酵素を発生させる
  • 快感ややる気をもたらすドーパミンを分泌する
  • 瞬時に判断能力を高めるノルアドレナリンを分泌する
  • 精神状態を健康に保つセロトニンを分泌する

 

などなど。

良いことありまくりなんです。

 

 

 

年を重ねるごとに、

脳の機能は低下していくものですが、

対策をすれば何歳になっても

脳は成長するとのこと。

 

 

 

では、どのくらいの

時間・強度・頻度で

有酸素運動をすればいいの?

ということなのですが、

 

 

 

ある研究によると、

  • 「ハァハァ」と軽く息が上がる程度で、
  • 1日10分を、
  • 2週間継続する

と、脳神経細胞が増加

  • 6週間継続する

と、認知機能そのものが向上した

ということです。

 

 

 

脳を良い状態にするということは、

幸福感を増してくれることでもあります。

 

 

 

10分間の有酸素運動で

幸せになれるんですよ。

 

 

 

1日たった10分。

やるしかないですよね。

うん、やるしかない!

 

 

 

毎朝の週間にしても、

仕事の合間でも、

夜お風呂に入る前でも。

 

 

 

たった10分で人生が

より良く変わると考えたら、

朝飯前ですよね。

 

 

 

やりましょう!

 

 

この本ですが、運動についてだけでなく、

その他の観点からも科学的な研究をもとに、

具体的な行動の提案をしてくれます。

 

 

 

めちゃオススメなので

気になる方は是非読んでみて下さいね〜

関連記事

  1. 人生を変える幸せの腰痛学校
  2. エネルギーゼリーとプロテインスティックと置き手紙
  3. 一六タルトとぼっちゃんだんご
PAGE TOP